スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】サイエンスショー・出張実験教室 九州サイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


写真が飛び出すカードを作ろう!

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】サイエンスショー・出張実験教室 九州サイエンスラボ

おもしろい商品を見つけました。

タカラトミー 3D ショットカム ホワイト 3D トイデジ W

新品価格
¥3,980から
(2011/9/6 18:44時点)


タカラトミー 3D ショットカム ピンク 3D トイデジ P

新品価格
¥3,980から
(2011/9/6 18:45時点)




安い!!

同志社大学の「プロジェクト科目」という授業から生まれた商品だそうです。

普通のデジカメと違い、2つのレンズがあり、印刷して専用レンズを通してみると立体的に見えます。

想い出も手軽に立体で残せる時代になりましたね。

ただし、あくまでもおもちゃのデジカメですから、画質は全く期待しないでください。

また、目の仕組み、脳のしくみの実験としては、これだけでも完結できますが、専用レンズを通さないと立体的に見えないというのが難点です。

専用レンズは下で別途追加購入できます。(本体購入時には2枚付いています)

立体写真をグリーティングカードとして送る際に、このレンズをつけて贈る様に考えてあります。

タカラトミー 3D ショットカム専用ビューアー 5枚入り 3Dショットカム ビューアー

新品価格
¥680から
(2011/9/7 13:57時点)







要望があったので追記しますが、本格的な3Dデジカメもご紹介しておきます。

ずいぶん安くなっていますから、予算が許せばどう考えてもこちらがお勧めです。

デジカメの背面は裸眼3D画面になっていますから、その場で飛び出し具合をチェックできるのも便利です。

SONYのものもありましたが、いまひとつのようですので、富士フイルムで決まりだと思います。
↓↓↓↓



W3ではなく、W1という一つ前の機種なら、中古ですが1万3千円程度のものがあります(記載当時)。

HD画質の動画は必要ないのであれば、こちらでも良いと思いますし、カード作りには十分過ぎます。


私は専用レンズを使用しなくても良いように、レンチキュラーレンズを使用して、裸眼3Dを実現する実験をしています。

富士フイルムのデジカメの画面と同じ仕組みですね。

これをやると、光の屈折の勉強にもなります。

最近、飛び出すトレーティングカードがありますよね?ご存知ですか?

あれの自作版です。特に小学生は、自分だけのオリジナルのレアカードが作れるとあって、大喜びです!

ちなみに、富士フイルムでは立体写真の作成サービスもあるようです(同じレンチキュラーレンズを使ったもの)ので、贈り物にはこちらを利用されてもいいかもしれません。




画像の上に文字や別の画像を合成することもできます。

左目用の画像と右目用の画像の2枚ともに合成しますが、このとき左目用は左に、右目用は右にずらして合成します。

上下位置はピッタリ同じにします。

ずらし方がおおきければ大きいほど飛び出します。


http://www.jomon.ne.jp/~artnow/index.html
こちらのサイトで、レンチキュラーシートの購入ができます。

また、フリーウェアを使った作成方法が詳しく載っています。

説明では、10枚の視点をずらした写真を用意するように書かれていますが、2枚でも可能です。

10枚視点をずらすと、カードの角度を変えると、浮き出た対象の周りをぐるりと周り込むように見ることが出来ます。

2枚の場合は、平面が浮き出た感じと言ったらいいでしょうか(ちょっと違いますが)。




これらの専用カメラを使わなくても、普通のデジカメで3D写真を撮ることもできます。

まず、普通に1枚写真を撮り、次に両目の幅くらいずらしてもう一枚写真を撮ります。

上下が合わなければなりませんし、ずらし方を均等にしたほうが良いので、治具があったほうがいいです。

フリーウェアの中にも、傾きや位置を自動で調整してくれるものがありますので、この機能を利用すればできなくはないかもしれません。

また、最近のデジカメは頭が良すぎて、ピントや絞り、シャッタースピードなどを自動調節してしまいますので、若干縮小拡大してしまったり、像の外側がゆがんだりしてしまいます。

マニュアルで設定が固定できるカメラの方が良いでしょう。

それと人物を撮る場合は、急いで撮ってあげないと2枚目で動いてしまいます。
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。