スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】サイエンスショー・出張実験教室 九州サイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


カルシウム不足の恐怖。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】サイエンスショー・出張実験教室 九州サイエンスラボ

なんだかんだと、いい加減なブログでこんな結果。(おとといですが、過去最高値でした)
ジャンルランキング8月24日

たくさんの皆様に訪れていただいて、ありがとうございます。

リピーターの方も多くいらっしゃるようで、大変嬉しいです。

ご意見やご感想、ご質問があればご遠慮なくコメントいただければ幸いです。



さて、そんな皆様の健康を祈って、カルシウムの話をしましょう。

カルシウムが大切だってことは、どなたでもご存知のこと。

特に女性は骨粗しょう症になりやすく、注意が必要です。



分かっていても、なかなかできないのが人間というもの。(私も含め・・・)

であれば、ちょっと皆さんに恐怖を与えましょう。



カルシウムは人間の体になぜ必要なのでしょうか?

骨?歯?

確かに。

でも、意外と知らない人が多いのですが、筋肉を動かすのにもカルシウムが必要なのです。



筋肉は、寝ていようが起きていようが常に動かしますよね?

カルシウム不足に陥ると筋肉が動かしにくい状態になります。

筋肉が収縮気味になり、肩こりや腰痛、痙攣などのの原因になります。



カルシウムが足りなったらどうするのが手っ取り早いですか?

そうです。骨にはたくさんカルシウムがあるではないですか!

そこから、カルシウムを少し拝借して、筋肉に使ってしまえば良いわけです。

良いわけって・・・、良くはありませんね!

骨がなくなっていく、つまり骨粗しょう症が進行するということです。



筋肉の活動をやめることはできませんよね。

カルシウムを摂らないと、どんどん骨が筋肉に持っていかれますよ!



この話は、理科のネタとしても生徒たちに話すことがあります。
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。