スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


「病は気から」は本当!

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

「プラシーボ(プラセボ)効果」という言葉をご存知ですか?

プラシーボとは「偽物の薬」の事です。



新しい薬を開発し、ある程度の安全性が確かめられた後、臨床試験に入ります。

実際に人に試し、効果と安全性を確認するのです。

その際に、プラシーボという偽物の薬を使う手法があります。



同じような症状のある患者で、新薬の投与希望者を10人集めたとします。

そのうち5人には本物の薬、残りの5人には偽者の薬(例えば、単なる片栗粉を固めたような錠剤)を投与します。

もちろん後者の5人も、偽者の薬だとは知りません。

結果はどうなるのでしょうか?

当然、前者5人には良く効くかもしれませんが、後者5人には効かないでしょう。



ところが、です!

偽者の薬を与えられたにも関わらず、効く人が現れるのです!

これを「プラシーボ効果」と言います。




「これで治るんだ!」と思い込んだことで、人間が本来持った自己治癒力が高まり、結果として治ったのです。

普段発揮していない能力を、皆さんは秘めています。

それをいかに引き出すか、が重要です。



スポーツの世界などで行なわれる「イメージトレーニング」をご存知でしょうか。

これもプラシーボ効果と同じ効果を引き出すための手法なのです。

良いイメージ、成功するイメージを持つことで、その通りになる(近づく)のです。

これは、勉強や芸術活動など、人間の活動のあらゆる事に転用できます。



「できない」と思ったら、本当にできません。

「もう駄目だ」と思ったら、本当にもう駄目です。

できる、治ると信じてください。



医者から見離された末期がんの患者さんがいました。

余命告知を受けたにも関わらず「俺がガンなんかで死ぬわけがない。絶対治してやる!!」と思ったそうです。

すると、ガンが縮小した!!という実例があります。



先日テレビで、脳腫瘍をイメージトレーニング+放射線治療で縮小(治癒?)させたというのが流れていました。
(アンビリーバボー系の番組だったかと)

CMで見ただけで、本編を見たわけではありませんが、同じ現象の話でしょう。




「病は気から」は本当です。

その逆の「治るのも気から」も本当です。

繰り返しになりますが、これは病気だけでなくスポーツや勉強、あらゆる事に役立ちますよ!

成功するイメージ、楽しいイメージを持ってくださいね。

つまり、具体的な目標が持って、それを達成した時の喜びとか、幸せそうな様子とかを想像…というか、妄想(笑)するのです。

それが、プラシーボ効果を発揮する秘訣ですよ。



【追記】
ただし、気持ちをコントロールできなくなる病気があります。

精神疾患です。

この場合、プラシーボ効果が期待できない場合が多くあります。

私も精神病になりました。こちらをお読み下さい。

精神疾患に陥った原因が「気持ち」ということはありえますが、完全に精神障害に陥ってしまったら「気持ち」だけではどうにもならない状態になります。

プラスに考えたくても考えられない病気だったりするからです。

酷くなると、病院にも行けない状態になります。自覚症状のある方は、早めにご受診下さい。
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。