スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


金白か黒青か。なぜ人によって色の見え方が違うのか。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

この画像の服、あなたは金色と白色の服に見えますか?それとも、黒色と青色の服に見えますか?

金白vs青黒

最近、ネット上を騒がせている、有名な写真です。

色覚に関係するので、このブログでも取り上げてみました。

私は最初、金と白に見えました。

でも、ちょっと目を離して再び見ると黒と青に見えました。

色盲・色弱ということではありません。

海外の統計では、金と白に見える人が圧倒的に多かったようです。

ですが、本当の服は「青黒」なのです。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?



私達は、無意識に色の調整をしています。

例えば、照明で多く使われる、白っぽい光の「昼光色」とオレンジっぽい光の「電球色」。

白い壁紙の色は、どちらの電球でも白く感じます。

でも、オレンジの光を白い壁紙に当てれば、壁紙はオレンジっぽくなっているはずです。



どちらの色の光でも「白」と感じる理由は2つあります。

■元々「白である」ということを知っていること。

■周囲の物の色の変化を感じ取り、比較し、無意識にオレンジの色を引いていること。
 ※フォトレタッチをしたことがある方なら分かると思いますが、「色相」を変化させているのですね。


さて、問題の写真は、見てお分かりのようにきれいに取られた写真ではありません。

カメラも良くないのでしょうし、光の当たり方が強いのか、カメラの露出が高すぎるのかもしれません。

服が明るく映りすぎたため、黒も青も褪せて見えます。

青い部分が「本当は白だけど、写りが悪くて青白くなっている」と判断した場合、無意識に青を引こうとします。

褪せて写った黒部分も同時に青を引いて、より薄い「黄土色」くらいに感じるのでしょうね。

逆に、青い部分が「本当は青だけど、写りが悪くて褪せて写っている」と判断した場合は、無意識に青を足そうとします。

すると、褪せて写った黒部分にも青が足され、より濃い「黒」に感じるのでしょう。



カメラの撮り方によって、黒青の服をごく明るく撮った写真と、金白の服をごく暗く撮った写真では、かなり近い色になります。

人間の脳が、どう色を調整したかによって、どちらにも振れるのです。

問題のこの写真は、たまたまそのような絶妙な色に写った奇跡(?)の写真と言えるでしょうね。
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。