スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


藤圭子さんのご冥福をお祈りいたします。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

先日、宇多田ヒカルさんのお母様で歌手の藤圭子さんが、自殺で命を絶たれました。

ご冥福をお祈りいたします。

私は藤圭子さんが全盛期だった頃を全く知らない世代ですが、

人ごとだとは思えず、想いをこのブログに書き記します。



宇多田ヒカルさんが、藤圭子さんの自殺の原因として精神病のことを書かれています。

正確な病名は書かれていませんが、その症状から、私の母と同じ統合失調症ではないかと感じました。

一般的なご家族であれば、精神病のことに疎いのが普通でしょう。

「性格」では済まされない、非常に激しい感情の起伏や妄想を病気として受け入れ、正しい治療を行なう事は、非常に大変なことです。

特に統合失調症の被害妄想などは、自覚症状がない場合が多くあり、単に病院に行くだけでも大変なことなのです。

「自分に悪いことが起きるのは、○○さんのせいだ。」

「家の中に盗聴器が仕掛けられている」

「道行く人も警察も、全ての人が自分を監視している」

普通であれば「そんなことないだろ」と思えることばかりですが、

このような被害妄想が起きる状態では、周りがおかしいのであって、自分がおかしいのではないと感じています。

ですから、自らが病気である事を認めません。

もし「あなたは統合失調症という病気です。被害妄想も病気からくるものです。入院しましょう(またはこの薬で治ります)」と言ったところで、

「お前も私を病院に監禁して人体実験を行なう気だな!」「この薬もきっと毒だ!私を殺す気だろう!」と考えてしまいます。

そのような病気なのです。

ですから、病院にも行かないのです。



私の母の場合、上手く騙して病院に連れて行きました。

「周りの人から監視を受けて、気が張っているでしょ?それで最近精神的に参っているみたいに見えるから、一回お医者さんにいかない?」

という感じで。

普通、被害妄想を認めても否定してもいけないと言いますが、そのままでは病気を治すことはできないため、被害妄想を肯定して上手く利用して騙しました。

措置入院と言って、無理やり入院させることもできるのですが、その後の心の傷を考えて自分から病院に行くように促しました。

あとは、しっかり話を聞いてくれる、優しそうな先生の所へ連れて行くことです。

薬を飲みだすと、嘘のようにすぐに治ります。

私の母はもう約20年ほど薬を飲み続けていて、症状は抑えられています。

ですが、処方の薬がなくなり病院に行けないことが続いてしまうと、今でも症状が現れます。

ですから、絶対に薬を切らさないように周りの人間が常に気をつけています。



統合失調症は、人によって症状が異なります。

うつ病的な症状が現れる人もいます。

攻撃的になる人もいます。

これらが交互に入れ替わる人もいます。

母の場合は攻撃的になります。

普段穏やかな正確で、おっとりしているのに、この症状が現れると頭の回転が非常に速くなり、機敏に行動し始めます。

鬼の形相と言いますが、本当に顔つきから変わります。

藤圭子さんの場合、うつ的だったのか、薬によってうつになったのかでしょう。



他にも様々な精神病があります。

心の弱さ・性格ではありません。

ホルモンバランスが異常になる病気です。

皆さんが良く分かるホルモンバランスが崩れた病気と言えば、糖尿病でしょうか。

インシュリン(インスリン)というホルモンが出にくくなる病気ですね。

インシュリン血糖値を調整するホルモンですが、精神病に関わるホルモンは感情などを調整するホルモンです。

症状が分かりにくい病気なので、理解が進まない病気ですが、

ご本人や、その家族は大変苦しいものであることを知って下さい。

ネット上には心無い言動がたくさん書かれていますが、

書く暇があれば、是非どんな病気なのか調べて理解するよう努めて下さい。
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。