スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


拍手と涙の保育園実験教室。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

ご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。

保育園向けの出張実験教室をしています。

先週ある保育園で年長さんが最後の実験教室を迎えたところがありました。



大成功!!と自信をもって言える教室になりました。



重曹を溶かした水溶液とクエン酸を溶かした水溶液を混ぜると、激しく泡が出ます。

その様子を見た子ども達から、「わぁ~~!」という歓声とと共に、たくさんの拍手が沸き起こりました。

幼児から拍手が沸き起こるという経験は初めてです。

よく歓声は起きますが、拍手ってするものなんですね~。

私からすればそんなに盛り上がるとは思ってもいない現象でしたが、子ども達は感受性豊かです。



今日で実験教室が最後であることを告げ、最後の一言を言い終わり、皆でありがとうございましたの挨拶をするところで、一番前にいた1人の女の子が涙を流していることに気付きました。

挨拶の後、写真撮影や片付けもあり、30分ほどは居たと思いますが、ずっと泣いています。

実験教室が終わり、先生に会えなくなることが悲しくてしようがないんだとか。

本当にこの実験教室をやってきて良かったと思った瞬間でした。

この子達は、年度途中からの契約ということで、たった4回しか受講していませんが、それでもこれだけの感動を残せる科学実験の力はスゴイと改めて思った一日でした。



他の園では、先週土曜日に年度末の茶話会にお招きいただきました。

そこでは、実験教室を受けた子のお母さんからこんな言葉を頂きました。

「前、家族旅行に行く計画をしていたんですけど、ちょうど実験教室の日と重なっていて。

子どもはどうしても実験教室に行きたいって言うから、午前中だけ出席して実験教室に参加して、午後から旅行に行ったことがあるんですよ。」

そんなに楽しみにしていてくれると、こちらも本当にやり甲斐を感じます。



「理科」という教科は小学3年生からしか始まらないので、「科学実験は幼児にはちょっと早いのでは」と思われる方もいらっしゃいます。

確かに原理理解は難しいでしょう。

でも、知的好奇心は幼児のほうがよほど高いです。

この時期にあのインパクトを経験するのとしないのとでは、その後の勉強に対する姿勢が変わってくる可能性が十分にあると思います。


スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。