スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


自由研究2012-2 永遠に飛ぶ紙飛行機を作ろう!

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

自由研究にも役立つおもしろ実験集はこちら


■この実験は、平成26年3月29日テレビ東京「ウソのような本当の瞬間!」で紹介されました。

番組には、私がお手伝いしましたよ~☆

■さらに平成26年10月21日、フジテレビ系列「ホントにすごい雑学」に出演します!

19時~21時の放送予定です。是非ご覧ください。
しました!

番組出演の裏話は→こちら


番組ではスチロールペーパーを使いましたが、

実は本物の「紙」バージョンもあります。

公開しておりませんでしたが、近日中にまとめて公開したいと思います。

またのぞきに来て下さいね。





さて、この飛行機については日本語でググってみてもあまり出てきません。
(正確には、飛ぶ種子の模型の作り方はたくさん出てきますが、ずっと飛ばすやり方とのセットでの詳しい情報がありません)

でんじろう先生もやっているようです。

でも、作り方などの詳しい情報見つけられませんでした。

海外では情報が多いですが、なぜか日本では情報が少ないようです。

「Walkalong Glider」という名称で有名な、手作り飛行機があります。

その名のごとく、ずっと飛び続けるグライダーです。

本当に「紙」で作るタイプもあるのですが、別の機会に。

今回はスチロールペーパーで作りましょう。

情報がない少ないですが、どんな形でも割とできてしまいますよ。

作って学校にもって行けば自慢できますね。



1.左右対称の飛行機型を作りましょう。下図が型紙です。
  横幅は10cm以上になるようにしてみましょう。
  あまり大きいと、方向転換がゆっくりになって難しくなります。
  大きなボードを準備した方が飛ばしやすいです。
  また、この型紙でなくても、左右対称であればいろいろな形でも飛びますから、試してみてくださいね。
飛行機の型紙

2.100円ショップなどにある丸いカラーシールを、前方のとがった所に貼ります。

3.飛ばしてみて、きちんとすべるように飛ぶまでシールを重ねて貼ります。
  1枚貼っては飛ばしてみて、ちょうどいい重さを見つけてください。
  飛ばすときは、上図の部分を指でつまんで持って、できるだけ手を高く持ち上げて指を離します。
  普通の紙飛行機のように投げる必要はありません。
  離すだけで勝手に飛んでいきますよ。

4.両方の翼の後方を折り上げます。折り目が進行方向に対して直角になるように折りましょう。
hikouki-orikata.jpg


5.飛ばしてみて、右に曲がるようであれば左をもう少しきつく折ります。左のときは右側を。
  飛ばし始めてすぐに上に上昇してしまうときはおもりが軽すぎるか、折り過ぎです。
  ※本物の飛行機では水平尾翼の昇降蛇にあたります。
   飛行機は重力にしたがって降りていきますが、このように折ることと機首があがるので飛距離が伸びます。

6.飛ばし始めてすぐに、ノートやクリップボードなど何でもいいので
  板状のものを斜めに傾けて飛行機を追いかけます。
  この飛ばし方が大変重要です!
  慌てすぎて追い越してもダメ。落ち着いて、同じ速度で板と飛行機の位置関係を一定にするといいですよ。
  あと、板の角度も一定にしましょう。
  上手くやれば、そして気力と体力と飛ばせる空間さえあれば、理論上永遠に飛ぶ紙飛行機になりますよ!
  板が風をきって進むときに、上昇気流が生まれるためです。
  上昇気流で飛行機を支えてあげれば、重力に逆らうことが可能だというわけです。
hikouki-tobashikata.jpg
※飛行機型は一人で写真を撮るのが無理でしたwww
 代わりに、リボン状のスチロールペーパーを8の字型にしたもので撮りました。
 こちらのほうが非常にゆっくり進みますから簡単ですよ。
 飛行機の場合はもっとボードの上のほう(手の辺り)の、上昇気流が非常に強いあたりにくるようにしてください。
 慣れればボードがなくても手のひらだけでもできるようになりますよ!


小学生の自由研究では、工作して終わりでもいいですが、中学生ではそうもいかないですね。

折り方やおもりの違いによる飛び方の変化を比べてみてはいかがでしょう。

そして、右後ろの羽だけを折り上げるとどうなるか。その逆は。

両方の羽をきつく折るのとゆるく折るので、飛び方はどうなるか。

おもりが軽いとどうなるか。重いとどうなるか。

ボードを使わずに、最も飛距離を伸ばす方法を探してみましょう。



この実験には無風状態であることが必須条件です。

スチロールペーパーは非常に軽いのでちょっとした気流でも影響されてしまいます。

実験に熱中するのはうれしいですが、熱中症には十分に気をつけてくださいね。



ちなみに、アルソミトラという植物の種子が原型となっています。

非常に優雅に滑空する種子です。

植物は歩くことができませんが、子孫を広げたり異なる環境に広げるために、種子を飛ばす工夫をした植物がいます。

皆さんがよく知るのはタンポポの綿毛でしょうね。

アルソミトラは滑空を選んだわけです。

生物のつくりや運動を研究してマネて機械を作ったりすることがあります。

これを「バイオメカニクス(生体力学)」といいます。



自由研究にも役立つおもしろ実験集はこちら
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

発泡スチロールペーパーのメーカーです

発泡スチロールペーパーをつくっている会社のものです
ご紹介頂きまして有難う御座います 国内では唯一 弊社のみ最軽量で且つ多少腰がある素材になりますので 広く お使いいただいております ふわふわした飛び方が、忙しい現代には、何となく癒しを与えてくれるとのお声もあり、学校、ボランテア、NPO法人以外に、最近では病院関係にもよくお使い頂ける様になりました 有難う御座います

Re: 発泡スチロールペーパーのメーカーです

コメントいただいたお礼が遅くなりまして、大変申し訳ございません。

紹介といいますと…テレビ東京さんへの件でしょうか?

わざわざご連絡いただきまして、ありがとうございます。

また何かご案内できる機会がございましたら、紹介させて下さい。


私自身は自分でカットしてしまうのですが(笑)、この実験の出張依頼は結構ありまして、

大量に必要な際は手間を省くため、フジカットさんの利用も考えております。

その際はよろしくお願い致します。

No title

v-390もっとかんたんにおねがいします。

Re: No title

お返事おそくなりましたm(_ _)m

先生方向けに公開していたので、長々とむずかしかったですね。すみません。

子どもさん…ですかね?(と思って書きますね。)


ようは、こんな↓です。


1.発泡スチロールをうすく切って、画像の飛行機型どおりに切ります。

  型は横はばが10cmくらいになるように印刷してください。


2.飛行機の先に、丸いシールをはって少し重くします。

  飛行機がフラフラしたりせずに、まっすぐ飛ぶまで、丸いシールの枚数を増やします。


3.つばさの後ろを少し上にあがるように折れば完成です。

  右に回ってしまうときは、左のつばさをもう少し上げます。

  左に回ってしまうときは、右のつばさをもう少し上げます。


4.まっすぐ飛ぶようになったら、板(ノートなどでもいいです)を持って飛行機についていきます。

  上手くずっと飛ばせる飛ばし方を探してください。



とくに、発泡スチロールを切るのはたいへんなので、お父さん・お母さんにおてつだいを
おねがいしましょう。

むりなときは、通販で買えます。http://fujicut.co.jp/shop/happou-pe-pa_shop.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

う~ん

紙verでやってみましたが、なかなか上手くいきません

Re: う~ん

> 紙verでやってみましたが、なかなか上手くいきません

コメントありがとうございます!!

紙ver.は、機体が重たいのでかなり難しいです^^;
上昇気流を強くするために、できるだけ大きなダンボールなどを使ってみてください。
あとは練習あるのみです!
プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。