スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


自由研究2012-1 アイディア編

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

自由研究にも役立つおもしろ実験集はこちら


もうちょっとで夏休みがやってきますね。

この時期は私のブログのようなサイトが流行る時期ですww

ちょっと変わった自由研究のアイディアをご提供します。

こんなのはいかがでしょう?



「速く走る研究」



スポーツは科学する時代です。

「スポーツ科学」っていう学問がきちんとあります。

物理学的・生物学的に、最も効率良くスポーツの成績を伸ばす方法が必ずあるはずだからです。

本当に速く走れるようになれば一石二鳥ですね!

ただ、熱中症にだけは気をつけて!




■実験で大切なのは、同じ条件をそろえること。

走る距離が同じでなければなりませんね。

1本目より、2本目の方が速い場合や遅い場合があります。

急に体は動きません。体力回復も時間がかかります。

十分なウォーミングアップ、ウォーミングダウンをしましょう。

ストップウォッチの押し方も、関係の無い誤差が出ないように気をつけましょう。


■比較は条件を1つだけ変えましょう。

中学校では「対照実験」という言葉がありますね。

例えば最初の測定より、2回目の測定を「手のふりを大きくする」「重心を前にする」という2つの条件を一気に変えてしまうと、結果が良かった(悪かった)場合に、手のふりが大きかったからなのか、重心を前にしたからなのかか、どちらもなのか、区別がつきません。

手の振り方だけを変える、重心だけを変える、など1つずつためしましょう。



■同じ条件の測定を複数回して平均しましょう。

測定というのはどんなに頑張っても誤差が出ます。

1つの条件を5回くらい試して平均すると、確からしい数値に落ち着いていきます。



■実験に失敗しても良い。

どんな走り方をしても、測定値に変わりが無かったとしても良いんです。

それはそれで「どんな走り方をしても変化が無い」という立派な実験結果です。

ただできれば、良い結果を予想して実験をするわけですから、なぜ変化しないのかを考えましょう。

自分が思っているほど、条件の変化が少ないのかもしれません。

もっと大げさにやってみるとか、他の人に協力してもらうとか。

別な方法を探してみてください。

結果、やっぱり失敗だったとしても、隠す必要はありませんよ!立派な実験です。



健闘を祈ります。


自由研究にも役立つおもしろ実験集はこちら
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。