スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


山本五十六。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

映画が始まっていますね。

山本五十六(やまもといそろく)。

軍人でありながら、最後まで太平洋戦争を回避しようとした方。

開戦後も、早く終戦に向かわせようと尽力した方。

部下から慕われる、指導者として鏡のような方。





山本五十六の名言のうち、私が非常に好きな言葉があります。

教育業界の方のみならず、多くの方がご存知かと思いますが、ご紹介しておきます。

このブログにはまだ書いてないですよね??




「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」




一語一語を噛み締め、再確認してみて下さい。

そこのお母さん!

「宿題しなさい!」「片付けなさい!」「早く寝なさい!」

それだけを言ってないですか?

手本を見せていますか?

なぜそうしなければならないのかを諭していますか?

きちんとさせてみようとしましたか?

ちゃんと出来たことを当たり前と言わず、きちんとほめましたか?




鼻から「教えない」という教育方針の会社があります。

ちょっと古い体質の会社に多いでしょうか。

「自分で勉強しろ」「体得しろ」って。

自分も体得してきたんだから、お前もやれって言う単なる押し付け。

教え方を知らず、逃げているだけです。

もしくは、自分が苦労してきたことを容易く教えたくないんです。

でも、会社全体を向上させるのに最も効率的なのは、

先人の知恵や技術はさっさと学んでしまい、さらに上を目指すことでしょう。



例えば、自分が10年かかって編み出した技術を、きちんと教えると後輩は1ヶ月で会得できるかもしれません。

もったいない感じがしますが、後輩は10年かけて別の技術を生み出してくれるかもしれません。

「教えない」というのは次のステップに進めず、停滞することを意味すると思います。





少し話がそれた気が。。。







名言どおりのことを正しく実行できたとすれば、指導者として絶大な信頼を得ることにもなります。

というか、「信頼なき者は指導者にあらず」ですね。

山本五十六が部下から慕われた理由がよく分かります。



その社長さん!部長!課長!

社員・部下が、仕事をするのは当たり前だって思っていませんか?

そこのお母さん!

お父さんが働くのは、お子さんが勉強するのは当たり前だって思っていませんか?

そこのお父さん!

お母さんが家事をするのは当たり前だって思っていませんか?



あなたも私は偉くありません。

周りの人あっての自分です。

相手を信頼しなければ、自分のことも信頼してくれませんよ。
スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

はい。そこのお母さんe-443の私です。
その言葉、ひしひしとかみしめました。
今日から、今から、心がけます。

Re: No title

ginironosoraさん、いつもご訪問いただきありがとうございます。

記事に書きつつ、私自身も山本五十六の言葉通りにはできないことばかりです。
でも、要所々々で「いかん、いかん…。」と反省する切欠になる言葉で、とても助かっています。
子を持つ者として、お互いがんばりましょ~♪
プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。