スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


「月食」見ました?

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

さすが雨男であります。

昨日の月食は見えませんでした。

去年か一昨年にあった日食は見られましたが。




月食と日食の違いは大丈夫ですか?

どちらも言葉の意味をそのまま捉えればわかりますね。



月食は、月が食われる現象。

日食は、日つまり太陽が食われる現象。



月が光って見えるのは、太陽の光が反射されているから。

月を照らしている光が届かなくなるのが月食です。

ちょうど、月と太陽の間に地球が入り込んでしまうのが月食です。

地球の影に隠れるってことです。

多くの方は、月がみるみる欠けていく様子に興奮を覚えるのかもしれませんが、

月にできた影を見るというのは、巨大な地球の影を観測できるってことです。

自分の影はいつでも見れますが、地球の影ってなかなか見れるものではないので、私はそういう意味で興奮します。




日食は、地球と太陽の間に月が入り込む現象です。


月と太陽がピッタリ重なる時を、皆既日食といい、月食よりも頻度が低くなかなか見られません。

太陽と月と地球の距離が偶然にもバランスが非常に良く、地球から見ると月と太陽が大体同じくらいの大きさに見えます。

ですから、皆既月食の時には月の影のふちにプロミネンスと呼ばれる、太陽表面の大噴出の様子が見られます。

コロナやダイヤモンドリングなど美しい現象が見られるのも、このちょうど良いバランスが成せる業です。



ちなみに、太陽と地球の間に月が来たとしても、ほとんどの場合は軌道がズレているので日食は起こりません。

このとき、月は地球からは見えない裏側だけを照らされますので、月の姿を確認できなくなります。

これを「新月」といいます。


スポンサーリンク




【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。