スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと悩み。。。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

突然ですが、悩みをぶちまけます。

どなたかエールをください。

でも、ほんとにちょっとしたことだし、明日には忘れる性格なので、

ただの愚痴になるかもしれませんが。



以前書いたように、幼稚園・保育園向けに出張実験教室を行っています。

で、新しい営業先でのこと。

事前にアポをとった後、資料を持ってうかがいました。



幼稚園・保育園には英語教室や体操教室などが導入されているところも多いのですが、

私の教室はその実験バージョンというイメージです。

でも、今日の園長先生はでんじろう先生みたいなサイエンスショー的なイメージだったみたい。

お断りを受けました。というか、お互いに断った形でしょうか。


持って行ける実験をお見せしたのですが、

「電話では"科学の楽しさを伝えたい"とおっしゃっていたのに残念です。」

という風なことを言われました。

正直驚きました。

えっ?この実験じゃ科学の楽しさが伝わらないって…?

万人ウケするのに…。



とにかく、派手なショーじゃなきゃダメの様子。

たしかに、いきなり来週の土曜日にある親子のふれあいイベントのようなもので時間をとるからやってほしいと言われたので、かなり私たちが持っていったものとはコンセプトが違い過ぎました。

でも、ショーの経験も無いわけではないので、日程的に間に合うもので、ショーにしてもなんらそん色ないものを提示をしたつもり。

でも、それじゃダメだと言われました。

それじゃ子どもたちが喜ばないって言われましたね。

難しすぎるって。

いや、実際は大喜びなんですが。。。

逆に、よくある静電気の電気くらげとか、空気砲みたいなものがいいって…。

それも原理は難しいですし、似たようなものですが??



1歳児でも飽きないものだそうです。

それはどの実験でもかなり難しい注文かと思いますが。。。

逆に、電気くらげが大丈夫なら私が提示したものでも、見せ方を工夫すれば大丈夫だと思いますが。



しかもその先生、保育園の協会の理事長らしい。

確かに、保育に対するしっかりした考え方をお持ちの様子。

でも、少年の心は忘れていらっしゃるのでしょうね。

少年の心をよみがえらせることができなかったと言う意味では、

私の活動はあまり良くないのか?

かなり迷いが生じました。

一方で、絶賛していただける園も多いのも事実ですが。



実はサンエンスショーでよくあるもの、ショーと言う形式は、私が拒んでいた傾向にあります。

それは、目新しさが無い(幼児は初めてみるものでしょうが)傾向にあることと、

驚きや楽しさを追求しすぎて、「科学現象」としての印象が薄くなるから。

はっきり言ってしまえば、意味がなくなっていると感じるのです。

スライムの実験と同じですね。

ヌルネバが面白い。

幼児には「感触を楽しむこと」として取り扱われることも多いそう。

でもそれって、科学と全く関係ないですよね。



事実、サイエンスショーについては理科教育者の中でも常に議論がある話題です。

ショーを否定はしませんが、私は子どもたちに科学の楽しさを伝える手段としてショーを選びませんでした。

ショーに終始すると、1回限りで終わりで、何かが足りないと感じるのです。

続きがほしいと考えるのは教師の欲張りでしょうか。



でんじろう先生などの活動が悪いとは全く思いません。とても良い活動だと思います。

ただ、私はもっと子どもたちに近い存在でありたくて、一緒に触れて、一緒に驚きたいわけです。



だから、導入で威力を発揮するショー的な要素も取り入れつつ、

子どもたち主体で実験が進む展開を行っています。

幼児教育も勉強をして、体験や作業性などバランス良く構成した実験教室の案内のつもりなのですが、

ご理解いただけなくて残念でした。




というか、さすがに未満児さんには「科学」ではないものの方がいいような。

その頃に見せたら、不思議なものが「当たり前」になってしまいそうなんですが、どうなんでしょうね。

小学生だって1・2年生には理科がないくらいですし。。。



私の方向性は幼児教育に適さないのでしょうかね…。

すみません。抽象的な文章で。
スポンサーサイト

オオバコは強くて弱い。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

放置しまくりすみません。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?


子どもが保育園で覚えたことをたくさん話してくれます。

一昨日行った公園では「オオバコが生えてる~」って教えてくれました。
しかも、草相撲まで知ってるんですね。
すくすくと育っています。
いろいろなことを教えてくださる保育園の先生に感謝。


ところで、オオバコって人に踏まれるような固い地面でも平気で生えてる雑草です。
だからとても強いイメージがあると思います。
でも逆に人に踏まれないような草むらでは生息できません。
オオバコは背が低いため、他の植物の影になってしまい、必要な日光を浴びることができないのです。

植物は競って日光を浴びようとします。
背を高くし、広く枝を伸ばし、互い違いに葉を広げ、よりたくさんの日光を浴びようと必死です。
そんな競争の中で、オオバコは固い地面に目を付けました。



「みんなと同じ」よりも、「他と違っている」ことが重要なこともありますね。

人も植物も、強さと弱さを持っていますから。

強さをうまく引き出す方法を模索してみましょう。


【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より
プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。