スポンサードリンク


スポンサーサイト

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石頭」を科学する。

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

お久しぶりです。

出張しまくりの数週間でした(疲)


出張先の駅での一幕。

子どもたちが頭突きし合っている(・_・;)

聞こえてくる話から、AKBの誰とかが超石頭なのだそう。


そういえば、頭突きで痛がる人と痛くない人は何がちがうのか、など考えたことも無い。

痩せ我慢?

いや、私も子どものころは石頭で有名(?)だった。

融通が利かないという意味ではなく、物理的に。

当時、確かに痛くなかった。

痛がっている相手が、芸人さながらに大げさなリアクションをしているように見えていた。



これはあくまでも仮説。



1.人よりも頭皮の神経が少ない。

2.人よりも表皮から神経までの距離がある。

3.脳が人と同じ強さでは痛いと判断しない。

4.人よりも力を逃がしやすい頭の構造をしている。


1や2の個人差は確かにあるかもしれないが、そこまで差があるようには思えない。

3番はありえるかもしれない。

私は剣道をしていたので"叩かれなれている"ということ。

でも、石頭の多くの人が叩かれなれているわけではないし。

とすれば4が私の中で有力。




確かに、頭蓋骨には衝撃を吸収するためのヒビが入っています。

ガッチリくっついているよりも、少し余裕を持たせておいたほうが、脳を守ることができます。

赤ちゃんは前方のほうに大きな隙間が会って、ペコペコへこみますよね?
(あんまり触りまくっちゃだめですよ)

頭の形は個人差が大きいので、衝撃吸収の度合いも個人差が大きいように思います。

これが原因でしょうか?



つまり石頭の人は、本当は柔軟な頭の持ち主なのかもしれません。


あ~、ど~でもいい!
スポンサーサイト

浮気を正当化する科学

本ブログに登場する理科実験器具や危険性の低い試薬、その他教材はこちらで買えます。
【特別協賛】出張おもしろ実験教室 K'sサイエンスラボ

為にならない科学の方が魅力的みたいですね。

新しい為にならない(?)事を、真面目に科学してみたいと思います。


男性は浮気をする生き物です。

あっ!私は浮気をした事はありませんよ!ホントです。

でも私も含め、彼女や奥さん以外の女性が「全く気にならない」と言う人は、かなり珍しいでしょう。

街行く女性や芸能人など、美人だなぁ~とか、カワイイなぁ~とか。

あんな人が奥さんだったら…なんて。隣の芝生が良く見えるように。

でも、女性はそんな男性の事を冷ややかに見る方が多いです。

なぜでしょう?



さて、人間は何のために生きているのでしょう?

家族のためとか、自分のためとかいうのではなく、もっと大きく「生命」として考えてです。

「人間という種を絶やさないために生きている」というのが、一つの答えでしょう。

「なぜ絶やしてはならないのか」というか、「行き着く先に何があるのか」は分かりません。

「なぜここに宇宙が発生したのか」という質問と同じでしょうね。

物理的な答えはありますが、なぜ宇宙が必要なのかという理由はきっと無いでしょう。

私達がそこに答えを求めること自体がおかしいことなのです。

「理由を求める」という行動をとる、私達の脳が奇妙なのでしょう。

「存在するのだから存在する。」「存在しないのだから存在しない。」「有か無か」という事実だけであって、「理由」はないのです。



本題からそれましたが、とにかく種を絶やさない、つまり子孫を反映させ続けると言うのが、私達に備わった本能なのです。

ですから、より強い子孫をより多く残そうとします。

「女性を求める」ことを「欲望」として、なんだか悪いことのように考えられることもありますが、この欲望がなくなるということは絶滅を意味します。

人間が全ての欲望を捨ててしまえば、即絶滅でしょう。

「性」というものには、動物の本能が強く関わります。

食べなければお腹が空くように、男の人は女の人を求めるように作られているのです。

逆に女性は保守的な本能を持っています。

女性は男性に、男性は女性に、互いに理解できないのは、このような本能の違いからです。



これを理由に「浮気を正当化しましょう」なんて言ってはいません。

浮気を抑える「理性」が存在するのも事実です。

ただ、一般には浮気とも言えない些細なことで、男性を責めたり、縛り付けたりしないであげてください。

犬は忠実。猫は気まま。本能は変えられません。

「過剰に抑制する」ということはすなわち「ストレスを与える」ということです。

男性が離れていきますよ。



逆に、男性はそのような女性の保守的なところを理解し、許してあげてください。

生物学的役割が異なるのですから。


【当ブログ管理人から 学習アプリ「パトリ」のお知らせ】





【学習アプリの体験をしてみませんか?】
理科の先生の知恵袋を管理しております「第三理科室」です。
私にもこのブログを通じてオファーがあり、「パトリ」という学習アプリの問題解説制作のお手伝いをしております。近頃、理科チームのリーダーに任命されてしまいました^^;

普通の参考書や学習アプリの解説とは違い、その問題に関連するおもしろネタがたくさんです!
しかも、問題や解説が日々進化する珍しいソーシャル的な仕組みがあります。
無料体験ができますので、ぜひ一度楽しんでみてください♪

無料体験はこちらへ

【問題解説を一緒に作成してみませんか?】
リゾート学習アプリ「パトリ」では、解説作成に関わって頂けるボランティアの方を大募集中です!
ノルマは一切無く、主婦の方、学生の方も活躍中です!
作成にご協力頂ける方はこちらへ!

パトリさんの公式ブログでも、私の記事が出るようになりました!
このブログと記事が被るかもしれませんが、ご興味ある方はぜひ!
かず先生の理科室より
プロフィール

第三理科室

Author:第三理科室
遺伝子工学を専攻し、その後理科教師の道に。現在は理科の楽しさや大切さを、理科実験を通して伝える活動をしています。

カテゴリ
検索
カスタム検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。